わかめなんて嘘だ!!

髪の毛にはわかめのような海藻類が良いって昔聞いたことがあるけど、あれは嘘だ!俺は昔から海鮮系は全般好きでもちろんわかめもみそ汁に入れて食べてるけど、実際今薄毛に悩んでる。

食べたって髪の毛はなくなる時はなくなる。食べたから髪の毛が生えるなんてことはない。少なくとも今ある髪は延命できてるからそれくらいには効果があるのかもしれないけど、抜けちゃあ意味がない。

というか延命自体もされてないかもしれないんだ。毎日摂取しててもこうなのだから。

男はロン毛とかありえないとか思ってたけど、ほんの少しでも隠せるなら数センチくらい伸ばしてもいいのではないかと思って、最近は前髪が目にかかるかかからないかくらいまでは伸ばしてる。

若作りではない。ハゲ隠しである。でも俺は髪作りがしたい。流石に気になりだしたらなんか恥ずかしくなってきて今は病院行こうか悩んでる。

「病院は病気になったら行く場所、元気な人は行かないんだよ」みたいなことを親から教えられたことがある。

もちろん身体は元気だが、髪が元気ではない。髪の病気といえばいい。

なんて冗談を言ってる場合でもないので本気で病院を探し出すかな。男性型脱毛症とかではなければいいけど、そうだとちょっと面倒だなぁ。

昔と今

昔の薄くなってきた頭皮の育毛方法は薬液をくしのようなものでトントンと叩きながら塗り込む方法だった。

まぁ結果的にそれで改善した人がどれだけいるのかって言われるとはなはだ怪しいが。今はそういう方法はもう流行らないって所を見てるとやっぱ効果はなかったんだろう。

そのころの俺はまだ子供だったからそんな心配など一切してなかったし、そうならないようにしたいって思ってた。

それが今ではなりかけてる。まだ目立つレベルじゃないけど、自分では薄くなったと実感できるレベル。

今から密かに始めればまだ間に合うかもしれない。そんなことを思いながら今日もせっせと仕事してる。朝はバタバタと駅に向かう人たちであふれる池袋も出勤時間を越えるといきなり静かになる。

主婦は家の掃除とか洗濯をし始めて子供も学校なのでいない。このくらいの時間が大体作業的には一番進めたい所。板の切りそろえとかはこの時間に行っておく。午後は板張りに時間を使いたいから。

組み立ては時間がかかるから午後の方が効率がいい。逆に午前に板張りをしてしまうと午後板切る音がうるさくなってしまうんだ。

さていつもはお弁当なんだが、今日はそれがないから池袋にある麵処篠はらのラーメンでも食べに行こうかな。

あそこのラーメンはちょくちょく食べたくなる。

池袋おやじの朝は早い

豊島区に妻と子供一人と暮らしてる、ひろしです。

今は46歳になりました。結構な年齢ですが、現役の大工です。

サラリーマンは基本朝7時前に起きて朝ご飯を食べて7時半くらいには家を出て会社に向かい、夕方6時半くらいに仕事を終わらせて帰路につく。これが当たり前で普通のいつもの平日だと思う。

だが、俺は違う。朝は必ず6時には起きて朝ご飯とかを済ませて7時には家を出る。そして現場につけば、道具を確認してからその日の作業をし、12時には昼をしっかり食べて夕方5時ごろには作業を終わらせる。

なんでこの時間に終わらせるかと言えば、基本的には近隣住民の人の生活の迷惑になってはいけないから。

昼間は仕事に出てて家にいない人の方がほとんどだが、夕方には主婦やパートの人も家に帰っていて、子供がいれば子供も学校や遊びから帰ってくる。それに数時間後には一家の大黒柱も家に帰ってくるので家族の時間になる。

そんな時間にガーガーうるさい音をたてて作業をすればクレームになる。その現場での建築がストップさせられてしまうのだ。

池袋駅周辺は若者が歩いてて賑わっているが、豊島区は奥に入れば住宅地が立ち並ぶ。大工は近隣の住民の人の心遣いで作業ができてるので、そこは忘れてはいけない。

そんな職人気質な俺だが、普段から危なくないようにヘルメットをしてるので夏場は熱がこもる。汗は尋常じゃないのだ。

そうなれば心配なのは頭皮の問題。俺の頭皮はかなり残念な事になりかけている。

薄毛ってやつだ。30代から薄くなり始めて今でも残ってはいるが頼みの綱って状態。結構危ない。

なにか手を打たないとそのうち髪の毛がなくなってしまいかねない。どうしたものか・・・。